勃起障害で悩んでいる人は日本人男性の30%?

魅力的な女性を見ても性欲が湧かない、何とか勃起して挿入したのにすぐに折れるなどの勃起不全に関する悩みを意外と多くの男性が抱えています。
そんな自覚症状を持っている多くの方々が、デリケ-トな部分を露出しなければならないのでは?或いは性生活などプライバシーに触れられるのでは? こういった不安から診察をためらっています。
公言が憚られる理由なので正確な実数は掴めませんが、勃起障害の自覚症状を明確に感じている日本人男性の割合は、およそ3-4人に1人居るのではないか?と言われています。
勃起障害に陥ってしまう要因には、精神的疲労やストレスというように心が関係していることや、生活習慣病から悪影響を及ぼしていることが挙げられます。
勃起障害は細かく分類すると、機能性と器質性、そして機能性と器質性が合わさった混合性に分けられます。
機能性の場合は、身体に障害が発生していないのにも関わらず、ストレスなどが引き金になり、勃起障害が起こります。
患者の多くが、こうした事が原因になっているとされています。
精神的に不安を感じることがあると、刺激を感じても脳内ホルモンが分泌されずに、勃起障害になるという仕組みです。
個々により、理由は異なりますが、パートナーと意思疎通が上手に図れていなかったり、子供を作ることに対してプレッシャーを感じてしまうなど、様々です。
幼い頃の記憶やトラウマにより大人になっても勃起障害になるということもあります。
器質性の場合は、身体の機能に様々な理由により障害や異常が生じてしまうことで陥ります。
最も誘発しやすい病気が、糖尿病や高血圧、高脂血症です。
こういった生活習慣病と呼ばれる病気は、動脈硬化を誘発します。
動脈硬化に見舞われてしまうと、しっかりと血管が拡張されないため、血液の流れが悪化します。
血液の流れが確保されないと、デリケートな部位に血液が届かなくなるので、勃起障害になります。
特に、動脈硬化の場合は著しく変化が生じるとされています。
高頻度で勃起障害が現れる男性は中等ED以上の段階になっている恐れが高いです。
勃起障害は時間経過と共に改善する病気ではありませんので、専門医による心理的なケア、あるいはED治療薬による解消を進めた方が健康的でしょう。
また、軽度な勃起障害の自覚症状として挙げられるのが、早漏、勃起力低下及びペニスの持久力低下です。
ペニスが完全に立たなくなる状況だけが勃起障害ではなく、頻度が低くてもセックスに支障をきたす体調不調があれば、広義の勃起障害となりますので、気になる方は早めに治療しなければいけません。
勃起障害はセックスレスや不妊、夫婦仲の悪化に繋がる体調不調ですので、命に別状がある問題ではありませんが、早めに治療しておき、性生活の障害をなくした方が男女双方にとって利益が生まれます。
勃起をサポートしてくれる精力剤の中でも使いやすいのはレビトラで、世界中で定評のある薬です。
食後でも服用できるので食事に左右されず、即効性があって服用した15分後くらいからだんだん勃起が始まるのでコントロールしやすくてタイミングを合わせるのが簡単です。
副作用もそれほどないので顔が赤らんだり心拍数が上がって困ることもなく、初心者でも使い方が簡単で便利な精力剤です。